事業理念

活動方針

新しい市民社会の構築をめざして

私たちは、年をとってもこの町で暮らしたい。手助けを必要とする人と手助けができる人が共に会員になり、安心して暮らせる地域社会の実現を願って、1996年2月から活動を開始しました。

私たちの活動の内容は主に介護や家事援助ですが、行政ではできないきめ細かなサービスを手がけてきました。活動をすすめる中で、地域での活動拠点を持つことの必要性を痛感し、1999年4月に『たすけあい大田はせさんず』(特定非営利活動法人)を設立し、組織的な活動を発展させてきました。そして、介護保険法施行後は『訪問介護事業』『居宅介護支援事業』を、ついで『障害者居宅介護事業』も実施しています。更に2004年8月からは通所介護事業『デイホーム』を開所しました。

私たちが絶えず心がけていることは、地域の中で会員同士が共に助け合い、ふれ合うことによって利用者が安心でき、活動者も喜びを感ずることのできるようなサービスを提供することです。2001年4月からは、介護を要しないやや元気な高齢者のために、介護予防事業『元気かい』というデイサービスを実施しています。

このような私たちの活動がさらに理解され、広がっていくことを願い、セミナーや講演会、地域のNPO団体との交流やネットワークづくり、そして行政への政策提言なども行っています。

私たちは、私たちのささやかな活動が地域の中で広く定着していくことを通して、新しい市民社会の構築に寄与したいと考えています。